今すぐ始める貯金お金が貯まる習慣を身につける>定期的に「記帳」する習慣を身につけよう

定期的に「記帳」する習慣を身につけよう

よく貯金できている人は「よく記帳する人」ともいわれています。記帳は銀行の入出金の記録を通帳に印刷すること。最近はオンラインバンキングなどで確認できるので必要性は薄れていますが、貯金のモチベーションを保つ上でもぜひ記帳しましょう。


スポンサーリンク

記帳をするメリットは何?

記帳というのは銀行預金の預金通帳に記録を付けることです。
ATMなどに通帳を入れると自動的に入出金の記録が印字されます。

 

なぜ、定期的に記帳をすることが魅力なのか?

 

  1. 残高が増えていく記録は貯金のモチベーションにつながる
    貯金というものは基本的に「つまらない」ものです。
    人はお金を使う時の方が貯金するときの方が幸せを感じるものです。そのため、何も目標もないと貯金のモチベーションは下がってしまいます。ところが、「貯まっていることが実感」できるとモチベーションがアップするとも言われています。
  2. 前月の残高との比較などができる
    通帳の残高などをぱらぱらとめくってみることで、前月比、前年比などの色々な情報を見ることができます。順調に貯金できているのか?ペースは計画通りか?といったことを随時確認できます。
  3. こまめに出金することで何のために使ったのかを記録し簡易家計簿にできる
    お金は「少額ずつ引き出す」というのを基本にする」でもお勧めしている、銀行口座からの少額出金。一度にまとめて引き出すのではなく、必要な金額を必要な都度出金するようにすることで、何のためにお金を使ったのかが判断しやすくなります。通帳には手書きしてもかまわないので、目的などをメモしておくと簡単な家計簿代わりになります。

 

ちなみに、3番目の簡易家計簿代わりにするというのでれば、「生活費用の銀行」を作って、生活費はその銀行から出金するというようにしておくとよいです。
ベストな方法はしっかりとした「家計簿をつける」ことですが、そうでなくても生活費専用の銀行を作って出金記録をたどるだけでもある程度の把握は可能です。

 

ちなみに、細かく出金するときに心配になるのが「ATM手数料」です。
ATM手数料がかからない時間帯に利用するという節約方法もありますが、コンビニATM手数料が無料の銀行を活用するのも手ですよね。
参考:ATM手数料が無料の銀行まとめ

 

記帳は面倒、複数の銀行を使っていると言う方には「超お勧めの貯金管理ツール」でも紹介しているマネーフォワードというオンラインサービスが便利です。

オンライン上で登録している銀行の利用履歴や現在の残高などをまとめて表示してくれます。

 

 

スポンサーリンク