今すぐ始める貯金お金が貯まる習慣を身につける>クレジットカードのリボ払い・分割払いは禁止

クレジットカードのリボ払い・分割払いは禁止

クレジットカードはポイントも貯まるというメリットがある一方で、「使い過ぎ」を助長するという負の側面もあります。分割払い、リボ払いなどは借金と同じですし金利も発生します。クレジットカードは1回払いのみを利用するようにしましょう。


スポンサーリンク

クレジットカードのリボ払い・分割払いがダメな2つの理由

クレジットカードでのお買い物、ちょっとお金が足りないなーという時に便利なのが「リボ払い」や「分割払い」です。まずは両方の支払い方法について理解しましょう。

 

リボ払い
・・・月々の返済額を固定して返済し続ける方法。返済回数に決まりはない。たとえば、月々の返済額を5000円に設定しておけば、いくら使っても5000円の返済でOK。

 

分割払い
・・・購入ごとに返済回数を決める。3回払いなら購入額を3回に分けて返済する形になります。

 

それぞれの仕組みをもっと詳しく知りたい方は「クレジットカードの支払方法の違い」などもご一読ください。

 

一見便利なこの支払い方法は、以下の二つの理由でやってはだめだと心得ましょう。

 

1.バカ高い金利が発生する

最初の理由は金利(手数料)が発生するということ。クレジットカードの分割払いやリボ払いの金利は実は結構高くて、消費者金融並み、あるいはそれ以上となっています。15%程度に設定しているところが多いです。

貯金とローン返済はどちらが大切?」でも書きましたが預金金利がほとんどつかない中の15%ですからね。

 

回数が決まっており、短期となる分割払いはともかく、リボ払いだけは絶対にだめです。返済がしやすいというのが最大のメリットですが、これは返済回数が長期化するということ。つまり、それだけ長期にわたって15%とかいう利息を払い続けることになるわけです。

 

これは「実は危険な「リボ払い」。リボ払いの問題点(外部サイト)」などでかなり突っ込んで書かれているのでぜひ参考にしてください。リボ払いは絶対に使ってはダメです。

 

 

2.返済が借金を生む悪循環に陥りやすい

分割払いやリボ払いを使うということは、「返済を先延ばしする」ということ。つまり、現時点でお金が足りないから分割払い・リボ払いを使うってことになります。

ということは、その返済が始まる来月はどうなるのか?当然返済をしなければいけない分、使えるお金は減ることになります。

 

となると、来月も苦しくなって足りない分はクレジットの分割払いやリボ払いで…となってしまう可能性が出てくるわけです。そうなってしまうとどんどん借入が増えて…。という悪循環に陥ってしまいます。

特に「生活費が足りないから・・・」というケースで分割払いやリボ払いで買い物をするというのは最悪です。このパターンは長期化しやすく後になるほどどんどん負債が大きくなっていくパターンです。

 

 

自動積立貯金」などで預金しすぎて足りないというのであればまずは、月々の貯金金額を見直すことをお勧めします。そうでなくてお金が足りないというのであれば、お金の使いすぎです。

家計簿を付けるなどして無駄な支出を削りましょう。

 

なお家計簿については「超お勧めの貯金管理ツール」でも紹介しているようなツールを使うと楽ちんですよ。

 

また、どうしてもついつい使いすぎてしまうという方は、クレジットカードを持つのではなく、デビットカードのように預金の範囲内でしか買い物できないカードの方を利用する方が良いですよ。デビットカードなら「デビットカード利用が超お勧めの「楽天銀行」」でも紹介しているように楽天銀行のカードがポイントもついて年会費無料でお得です。

 

 

スポンサーリンク